エンベデッドシステムの資格と仕事

エンベデッドシステム


テクニカルエンジニアのひとつ、エンベデッドシステム。

年に1回の春試験、受験料は5,100円です。
とはいえ、名前から、正体が一番察しにくい試験であります。
旧名の「マイコン応用システムエンジニア」のが
解り易いでしょうか?(^v^)

何者かと言いますと、最新の携帯電話などに組み込まれている
マイクロプロセッサやLSIなどを組み込んだ
機器の設計、構築し、その性能評価などを客観的に行える
専門的な技術者向けの試験です。

最先端で、プロフェッショナルなイメージですよね…!

基本情報やソフトウェア開発技術者の
ソフト、ハード両サイドからの知識はもちろんのこと、
マイコン応用システムの設計・開発に関して
3年程度以上の実務経験を得た人を想定した、
非常にレベルの高い、専門的な試験です。

関連記事一覧


 
Copyright © 2007 初級シスアド・情報処理技術者試験をやさしく解説. All rights reserved