データベースの資格と仕事

テクニカルエンジニア・データベース


5区分あるテクニカルエンジニアのひとつ、データベース。

…5つあるうちの1つとかと言うと、なんだかかっこいいですよね。

ほらほら、日本3大名所みたいで…。脱線、脱線!(^^;;

正式名称は、テクニカルエンジニア・データベースです。
こちらは年に1回の春試験、受験料は5,100円です。

これもその名の通り、データベースのスペシャリスト。
データベースはそれぞれ基本情報や、シスアド全般でも
幾度となく問われてきた問題なのですが、
そうです、ネットワークと同じ、その問題のレベルが雲泥の差です。

データベースは机上で勉強するだけでは、
具体的なイメージが沸きにくいものなのですよね。
常務に携わって、初めて分厚いファイル仕様書を渡されて、
プログラムを組みながら、データベースはこういうものかと
具体的に理解する方も多いでしょう。

制御系のプログラムは例外ですが、
ほとんどのシステムがデータベースを使います。
馴染みもありますので、業務をしながら身につけられる知識で、
業務に関わる方なら、十分にチャンスはありますよね。

データベースの設計は、システムの性能に大きく関わりますので、
開発者、利用者共に必須スキルであると言えるでしょう。

関連記事一覧


 
Copyright © 2007 初級シスアド・情報処理技術者試験をやさしく解説. All rights reserved