初級シスアドの勉強にブランクは禁物

初級シスアド勉強


会社勤めなどで、日々コンピューター関連の実務をこなしていれば、
学生時代に基本情報や初級シスアドを取ったとしても、
日々勉強を積んでいる事に変わりありません。

テキストや参考書の勉強が、実務に変わって
より生きた知識と技術を学んでいるということですよね。
ただ、その業務には偏りがあるので、
上位資格を目指すなら、参考書や問題集で、
自分のレベルを確認して、足りない部分を補う必要があります。

それでも、日々コンピューター業界で仕事をしていることで
知識の蓄えや予備知識もありますから、
仕事の合間を縫ってでも、スムーズに勉強ができることでしょう。

問題は、ブランクのある方です。

基本情報を取って、しばらく別の業種についていた、
初級シスアドを取ったけど、すぐ結婚退職した、などなど。

人間、悲しいことに、忘れる動物なんですよね…(^^;;)

勉強で詰め込んだ知識は忘れやすいです。
上位資格を目指すなら、一気に駆け上るのがベスト!
モチベレーションの維持も、知識の上乗せもよりスムーズに、
息切れせずに、効果的に勉強を進めることができます。

特に、基本情報からソフトウェア開発技術者、
初級シスアドから、情報セキュアド、上級シスアドは要注意。

その他の区分は、経験がモノを言う資格なので、正直、時間がかります。
この3つの資格へのステップアップを考える方は、
セットで狙う計画も立てておくのが良いですよ。

取れるときに、一気に階段を上るつもりで挑みましょう!

関連記事一覧


 
Copyright © 2007 初級シスアド・情報処理技術者試験をやさしく解説. All rights reserved