初級シスアド試験、当日は早めに行動する

早起き


「試験前日、追い込みを頑張りすぎて、翌日寝坊した…(;_;)」

漫画みたいなハナシですが、笑い事ではありませんよね。
実際、ありえますから、気をつけてくださいね。

試験前日はゆっくり休むのがイチバンですよね。
寝ることで、頭の中が整頓されて、体力も回復して
試験にもゆっくり臨むことができますよ。

当日ですが、出来るだけ30分前行動を心がけましょう。
大げさですが、30分の余裕があれば、
ちょっと予定がズレたり、交通事情で遅れても取り戻せます。

また、大きな大学が受験会場になることがほとんどです。

門には30分前に付いたけど、自分の受験会場を探し迷って
もれなく「自分の教室と席はどこだ〜!!」状態に陥ります。

試験の説明は、試験開始時間の10分前から
各受験会場で着席して始まりますので、それまでに到着したいですね。

何度も言いますが、早め、早めに行動してくださいね。

もし、遅刻しても、試験開始後30分以内なら、
席に着くことが許されていますので
あきらめずに会場に向かってくださいね。

関連記事一覧


 
Copyright © 2007 初級シスアド・情報処理技術者試験をやさしく解説. All rights reserved