情報処理技術者試験のチャンスは春秋、年2回

スケジュール


情報処理技術者試験の14ある試験のうち
初級シスアド、基本情報、
基本情報の上位となるソフトウェア開発技術者(旧第1種)は、
春と秋(4月と10月の第3日曜日)に
年に2回、試験が行われます。

この他11ある試験は、春と秋に分けられて、
年に1度の試験ですので、単純にチャンスが多いのは、
基本情報や、初級シスアドになりますね。

申込の時期は約3ヶ月前で、
春試験は1月中旬から、秋試験は7月中旬から始まります。
季節が変る前にはアンテナを張り巡らせておいてくださいね。
公式サイトで常に情報を得ると良いでしょう。
http://www.jitec.jp/

受験のスパンは約6ヶ月。
1年での取得を目指すなら、年に2度の受験を視野に入れ、
勉強を進めていくのが一般的ですね。

初級シスアドから、シスアドの上位に進みたいときは、
情報セキュアと上級シスアドは、どちらも秋試験だけですので、
春で初級シスアドを取得して、
秋にどちらかを狙うのが最短コースとなります。

関連記事一覧


 
Copyright © 2007 初級シスアド・情報処理技術者試験をやさしく解説. All rights reserved