初級シスアド試験・コンピューター科学基礎

コンピューター科学基礎


コンピューター科学は、基本情報のコアとなる部分です。
コンピューター的な考え方を問われます

1)数値表現・データ表現
2)情報と理論
3)データ構造
4)アルゴリズム

【初級シスアド】
基本情報で問われるコンピューター内部で行われるような
計算問題は必要ありませんが、
論理計算式だけは、抽出条件で必要となる知識ですので
マスターしておきましょう。
データ処理の基本的なアルゴリズムが出題された年もあります。

【基本情報技術者】
色々なカタチで、午前、午後共に出題される範囲ですので、
しっかり勉強しておきましょう。
情報の基礎理論、基数変換、2の補数、浮動小数点、
シフト演算、状態遷移などは必須テーマで、毎回出題があります。
スタック、キュー、待ち行列、2分探索木などのデータ構造
アルゴリズムはソート(バブル、クイック)、2分探索は必須です。

関連記事一覧


 
Copyright © 2007 初級シスアド・情報処理技術者試験をやさしく解説. All rights reserved