初級シスアド試験・情報化と経営に向いている資格

情報化と経営


主に、シスアドで関係する分野ですが、
在庫管理などは基本情報でも問われますので
気は抜かないでくださいね。

1)企業の業務活動
2)業務改善と経営戦略
3)企業会計
4)ORとQC7つ道具
5)情報システムの活用
6)関連法規(著作権、労働者派遣など)

【初級シスアド】
午前問題の4分の1を占める分野です。
覚える用語も多いのですが、現場で実践されている方なら
具体的にイメージして学びやすいテーマであると言えるでしょう。
学生さんは過去問題をこなして、パターンを身につけましょう。
QCで用いる図解や、ABC分析なども、
具体的に数値を読み取る問題も出されます。

【基本情報技術者】
業務の流れを知っておけばよいので、企業会計(簿記の基礎)と、
OR(在庫管理、千系計画法)など理解しておきましょう。
工程管理で日数の計算が出題されることもあります。
QC7つ道具はよく出題されますのでしっかりと。
法律に関する問題も出ますので、落とさないように。

関連記事一覧


 
Copyright © 2007 初級シスアド・情報処理技術者試験をやさしく解説. All rights reserved