初級シスアド試験・データベース技術

データベース技術


データベースの考え方だけでなく、
構造や活用方法、復旧の方法についても問われます。

1)データベース設計
2)DBMSの機能と制御
3)データ操作とSQL

【初級シスアド】

ER図による具体的な関係データベース構造が問われます。
具体的な表を使った正規化の問題や、
SQL文でのデータ抽出、障害の復旧方法なども出題されます。
午後には、ER図を使って、データベース設計を行うなどの
実践的な知識と技能を問われます。

【基本情報技術者】
SQLは、午前・午後共によく出題されています。
文法を押さえるだけでなく、命令文ではDB操作や、DB構築にも
出題が及ぶので広く知っておくことが大切です。
データベースの構築、管理方法、データ分析、正規化、
障害回復など、広く問われます。

関連記事一覧


 
Copyright © 2007 初級シスアド・情報処理技術者試験をやさしく解説. All rights reserved