初級シスアド試験・コンピューターシステム

初級シスアド


ここでは性能評価や応用システムについて問われます。
シスアドは「ネットワーク技術」と
「データベース技術」の内容がここに含まれます。

1)システム構成技術
2)システムの性能
3)システムの信頼性(稼働率計算)
4)ネットワーク応用
5)データベース応用
6)マルチメディアシステム

【初級シスアド】
クライアントサーバーシステム、分散システムなどは
用語の知識だけでなく、構成や利用方法も含めて出題されます。
信頼性の高いシステム構成に関しても、高い知識が求められます。
システム性能の把握、稼働率の計算は必ず出るので
しっかり解けるようにしておいてくださいね。
オーサリングツール、DBサービスについても出題があります。

【基本情報技術者】
システムを構築するという視点から、用途に応じた構成を問われます。
システムの信頼性や安全性に関わる問題、
システム性能の評価する指標や方法などを問われます。
稼働率の計算もよく出されますよ。
データベースやネットワークの応用技術、
マルチメディアシステムについての出題も見られます。

関連記事一覧


 
Copyright © 2007 初級シスアド・情報処理技術者試験をやさしく解説. All rights reserved