初級シスアド試験・ハードウェア

ハードウェア


ここでは、コンピューターシステムを構成する部分についての
知識が問われます。

【主な出題テーマ】
1)中央処理装置(CPU)
2)メモリ(主記憶装置)
3)補助記憶装置
4)入力装置
5)出力装置
6)入出力インターフェイス

【初級シスアド】
利用者側の観点から、性能評価や、業務ごとの周辺機器の選択、
入出力インターフェイスごとの操作方法の違いや、
記憶媒体の使い分けなどついての知識が必要となります。
バックアップに必要なCD-Rの枚数や記録にかかる時間などを
計算する問題も出されます。
利用する立場なので、内部構造について問われることはありません。

【基本情報技術者】
各装置の機能はもちろん、構造についても詳しく問われます。
高速化の技法や、記憶システムの構造、
レジスタの働きやメモリ上のアドレス指定方式なども
よく出題されている分野です。
処理速度、記憶容量などは計算問題として出されます。

関連記事一覧


 
Copyright © 2007 初級シスアド・情報処理技術者試験をやさしく解説. All rights reserved