初級シスアドは何が問われる?

初級シスアド


初級シスアドは、初級システムアドミニストレータが正式名称です。

情報処理技術者試験の中でも、まだ比較的、歴史は浅いのですが、
年間65〜70万人の人が受験する人気の資格です。

もともと、基本情報処理技術者が、第1種、第2種と
呼ばれていた時代にはなかった試験なのですが、
コンピューターが急速に普及した今の時代に、
作る側だけでなく、使う側も最低限の知識と技術が必要であると
考えられるようになりました。

システムを運用する立場でシステムを考え、構築し、
効率よく仕事を進め、情報化推進リーダーを
務めることの出来る知識、技能を認定する資格です。
エンドユーザーコンピューティングという考え方を広めて、
よりよい環境を自分で提案して、作る側と使う側の間に立ちます。

また、現場でのトラブルへの対応、ネットワークの設定や機器の操作、
アプリケーションソフト(表計算やデータベース)を使って、
業務の効率化を図るなど、コンピューターに関する知識を
使う側レベルで、生かせる人材を育てます。

企業の面接で、この資格を知らない試験官に
当たった人のエピソードなのですが、
「この資格は何?」という質問から、話題が広がって、
話が弾んでとても良かったと聞いたことがあります。

それはそれで、不運を運に変えて、ラッキーですよね。

知名度も高い資格なのですが、
知らなくても、必ず目に留まって突っ込んでもらえますよ。(^^)

関連記事一覧


 
Copyright © 2007 初級シスアド・情報処理技術者試験をやさしく解説. All rights reserved