パソコン初心者が取り掛かるには?

初級シスアドの受験勉強


初心者が取りやすい、取り掛かりやすいのは、初級シスアドです。

普段パソコンを使うのであれば、
日常的に得ている知識をベースにすることができます。
知識を確かなものにして、蓄えて、
コンピューター的な考え方を身につけて、応用することができれば
初級シスアドの合格域に達します。

特に、初級シスアドはプログラム言語の問題が出ませんから
専門的な知識で、習得に時間がかかる分野をパスすることができます。

どちらにしろ、大切なのは勉強方法で
どれだけ時間をかけたかではなく、
どれだけ濃い勉強をしたかによりますので
一概に言うことはできません。

ただし、やはり国家試験だけあって、
しっかり勉強しないと手強い相手ですよ。

私は、高校生のとき、あんまり勉強できないまま
基本情報を受けたことがありますが
問題が何を言っているのかもよく解らないザマで…

惨敗でした。(^^;;

関連記事一覧


 
Copyright © 2007 初級シスアド・情報処理技術者試験をやさしく解説. All rights reserved