基本情報は何が問われる?

初級シスアド


突然ですが、インターネットでお買い物したことありますか?

お買い物でなくても、地図の情報を見たり
いえ、気になったキーワードの検索や、メールでも構いません。

もちろん、経験ありますよね。

これら、マウスでボタンを押すだけで動いていくのですが、
このシステムも、パソコンの先に広がるネットの網を
ぐるぐる辿って行くと、その先に座っているどこかの会社の誰かが
必死こいて、カタカタとプログラムを作っています。

買い物をするときのレジのピッ!
病院の電子カルテのピッ!
図書館の本を借りるときのピッ!

これら、コンピューターが処理をするのですが、
それらを構成するプログラムを作るのが
プログラマーやシステムエンジニアなどの、
システム開発者といわれる職種の人たちです。

基本情報処理では、システムの構築から運用、保守までの流れと
プログラミングの知識、技能を問われます。
主に、システムを作る側の流れですね。

ソフトウェアの開発会社、コンピューターメーカーなどIT企業では
必須ともいえる技能を網羅しています。
「持っていないと、受験資格すら得られない」企業もあることから
基本情報処理は、開発者への第一歩、免許のような資格と言えますよね。

どんなシーンでも「パソコンのこと解ります」と、
何よりもハッキリ証明できるのは「基本情報技術者」ですよ。

関連記事一覧


 
Copyright © 2007 初級シスアド・情報処理技術者試験をやさしく解説. All rights reserved