なりたい姿にステップアップ

初級シスアドでステップアップ


ゲームをされる方、RPGをされる方は
ゲームに例えると具体的にわかりやすいかもしれません。

例えば、賢者になりたかったら、
村人→戦士→白魔導士→黒魔導士→賢者と、
段階的にレベルを上げないと、すぐに賢者にはなれませんよね。
ジョブチェンジを繰り返…

ちょ、ちょっと、ハナシがマニアックですかね…(^^;;
(※ゲームで言う賢者とは、黒・白魔法が使えて戦っても強い職業です)

じゃあ、料理長になりたかったら、で。(*^^*)
料理の専門学校→見習い→シェフ→チーフシェフと
段階的に、時間をかけながら、
現場で経験を積んでひとつづつ階段を上ります。

情報処理技術者試験は、このように段階を踏まなくても、
最初から好きな資格試験を受けることは出来るのですが、
一般的に、ユーザー目線なら、まず初級シスアド、
開発者側なら基本情報と、最初に向かう道が2つに分かれます。

そして、この資格を生かしてその分野の仕事について、
仕事をしながらネットワークの管理であったり、
システムエンジニア、開発チーフなど
それぞれ職種ごとの専門的な現場の知識を身につけて、
上位資格を目指すのがセオリーとなっています。

自分がなりたい姿はどれなのか、ぼんやりとでもイメージをして
日々の勉強を積み重ねていきましょう。

関連記事一覧


 
Copyright © 2007 初級シスアド・情報処理技術者試験をやさしく解説. All rights reserved