シスアド資格が生きない職場はない

職場でパソコン


ズバリ!「資格が生きない職場はない」

こう言い切ってしまいます。(^v^)

コンピューター業界ではもちろんのこと、
最近ではどこの企業でもパソコンを使う業務は数多く存在します。
パソコンが職場にない会社でも、使う機会を逃しているだけなのです。

例えば、手押しのポイントカードサービスをしている
小さなお店があったとします。

溜まったら、500円分の商品券として、
そのポイントカードをお客さんに使ってもらって
喜んで頂いていました。

…ここまでは、なんの変哲もないお話です。

けれども、そこでパソコンとプリンターがあって、
少しのコンピューターの知識で味付けをすれば、どうなるでしょう?

そのポイントカードに書いてもらった住所と名前、
満タンのポイントカードを使った日などを
パソコンに入力して顧客情報として持つことができますよね。
データを抽出してDM(ダイレクトメール)を送ったり、
年末年始のご挨拶やセールのご案内も、手軽に出来るようになります。

大企業ではこのようなことは当たり前に行われていますが
中小企業や、町のお店レベルでは、
顧客データを何かに使いたいと思いながら、自分ではできないし、
かと言って、それだけの知識を持つ人を雇えないのが現実です。

需要と供給、ハッキリと、需要が勝っているんですよね。

コンピューターの知識は即、現場で役立ちます。
まだ見えていない需要を、市場に変えることももちろん可能です。
どう役立てるか、考えるのも楽しいですよね。

関連記事一覧


 
Copyright © 2007 初級シスアド・情報処理技術者試験をやさしく解説. All rights reserved