初級シスアドと基本情報は入口

初級シスアド


情報処理技術者試験で触れた「初級シスアド」と「基本情報」。

一般的に、この2つの試験が
「情報処理技術者試験の入り口」と言われています。

誤解してはいけないのは「受験資格ではない」ということ。

初級シスアドや基本情報を持っていないと、
他の資格が受験できないわけではありません。
いきなり上級シスアドや、テクニカルエンジニア、
システム監査を受けていただいて全く問題はありません。

ただし、初級シスアドや基本情報で問われる知識は
もちろん身に付いているという前提になります。

初級シスアドは、情報セキュリティーアドミニストレータ、
上級システムアドミニストレータの基礎となります。
基本情報技術者は、システム開発側の資格の基礎となる部分です。

「入り口」=「基礎にあたる」ということですね。

関連記事一覧


 
Copyright © 2007 初級シスアド・情報処理技術者試験をやさしく解説. All rights reserved