専門的な14区分の試験

初級シスアド


はじめに「情報処理技術者試験」。

この資格の名前を耳にしたことは、ありますか?(^v^)

いえ、資格の名前と言うと、少し、ニュアンスが違いますよね。

情報処理技術者試験という資格試験があるわけでなく、
IT関連知識の入り口から専門的で高度な内容まで
14にも区分けされた国家資格を、
まとめて情報処理技術者試験と呼んでいます。

14の試験区分は、級という意味合いではなく、
それぞれの専門分野を問うためにいくつも設けられています。
これらの資格は、どれも、IT関わる人全てが通る資格試験で、
知名度も非常に高く、活用できる資格として、
企業で評価が高いものばかり。

中には、持っているだけで、
毎月「資格手当」が出る企業もありますよ。
例えば、月に5,000円でも、年間で考えれば大きいですよね!

その中でも、基本情報技術者(以下、基本情報)と、
初級システムアドミニストレータ(以下、初級シスアド)は
土台となる部分を支える非常に重要な試験なのです。

これからの時代に、重要視される分野ですので
将来の目標や、やりたい仕事にリンクさせて
これらの資格を、上手に使っていくことをオススメしていきます。

関連記事一覧

知っておいたほうが良い東京のバーチャルオフィスは数社ぐらいしかありませんね・・・

 
Copyright © 2007 初級シスアド・情報処理技術者試験をやさしく解説. All rights reserved