初級シスアドの初心者オススメ勉強プラン

初級シスアドをパソコン初心者が勉強


基本情報や初級シスアドは、
全くの初心者では難しい部分もありますが、
無理というわけではありません。

努力次第、プラン次第ではなんとかなります!!

いえ、なんとか、頑張りましょう!

とはいえ!!
どこから手をつけていいか、迷う方もいらっしゃいますよね。

いえいえ「参考書の1ページ目から」なんて、
野暮なことは言いません。
初心者向けのプランを参考までにご紹介します。

・まず、午前問題の対策
午後は応用力を問いますので、まず基礎となる午前を
覚えてしまいましょう。 
地道な用語学習です。過去問題を使いながら覚えましょう。
参考書は解らなくてもいいので、試験範囲となる部分は、
基礎用語を確認しながら参考書を読破しましょう。

…眠たくなりますよね、参考書って。

解らないから眠くなるのですが(当たり前ですね(^^;)
過去問題を解いて理解することで、参考書が何を言っているのか
少しづつ解るようになってきます

最初から、本1冊分解るワケないと割り切るのがコツですよ。
開き直ると言うか。(^v^)

・午後は午前が7割取れたらスタート
午後問題を焦る気持ちも解りますが、
午前問題で7割を取れるようになってから、
午後問題に取り掛かってください。

午前問題に不安があると、余計午後問題は出来なくなります。
ある程度、午前問題が解ければ、虫食い問題はクリアできますし
コンピューター的な考え方も出来るようになりますので
午後問題にも取り掛かりやすくなります。

それでも時間がかかるのは事実です。
最低でも、試験の1ヶ月前には午後問題に取り掛かれるように
計画的に進めてくださいね。

ユーキャンの初級シスアド講座
通信講座で段階的に勉強していくならオススメ講座です。

関連記事一覧

いま人気のバーチャルオフィスQ&A!法人登記や電話代行サービスも格安で便利!を紹介しています。

 
Copyright © 2007 初級シスアド・情報処理技術者試験をやさしく解説. All rights reserved