初級シスアドの試験勉強はとにかく過去問をこなす

初級シスアド試験の過去問題を解く


特に短期間で狙う場合、
とにかく過去問題をこなすことが合格への道だと断言します。

基本情報だけでなく、過去の2種の問題、
余裕があれば1種の問題にもぜひ挑んでください。

なぜかと言いますと、初級シスアドや基本情報で問われる問題は
毎回必ず変わりますが、その主旨は変わりません。

過去問題や模擬問題をこなしていると、
よく似た問題や、この考え方使ったことあるなぁと
感じる部分も多く出てくるのを実感されることでしょう。
多少の引っ掛けはモチロンありますし、
まるっと過去問題と同じ問題が出ることはほとんどありませんが
過去問題で得た経験を生かせる場面は多々出てきます。

午前問題は1問につき、選択肢は4個ありますよね。
1問解くごとに、問題文と選択肢の4個の知識を得ることになります。
その上、解説までしっかり読んで理解することで
その理解度はとても高くなりますよね。
そして、何度も何度も復習することもできます。

過去問題を解くことは、下手な参考書を最初から読むより、
よっぽど実践的な勉強が出来るので
過去問題に頼った勉強方法はオススメです。

何より、莫大な問題数を解いてきた自信は力になりますよ。

ユーキャンの初級シスアド講座
【資格と教養のスクール、フォーサイト】初級シスアド

過去問題や苦手問題対策で通信講座を利用するなら参考にして下さい。


関連記事一覧


 
Copyright © 2007 初級シスアド・情報処理技術者試験をやさしく解説. All rights reserved