初級シスアドの苦手分野を徹底リサーチ

初級シスアドの苦手分野


自分が何が苦手かを知るのにもってこいの方法は、
過去問題をこなすことです。

当たり前ですが、過去問題をすることで、
自分が、何が出来ないかがハッキリわかります。

…ほとんど出来なくて、自分にがっかりすることもありますよね…(^^;;

大丈夫です、何度もこなして覚えるうちに、
必ず出来るようになりますから。(^v^)

逆に、苦手な部分が解ったら、それはラッキーですよね。
そこを中心に勉強をして、得意分野はそのまま維持すればよいのです。

苦手分野は、問題を読むのもいやだったり、
気分が乗らなかったりして、本当は解ける問題を
自分で解けなくしてしまっているだけです。
気構え過ぎて難しく考えすぎてしまっているのか、
答えの○×だけでなく、自分の状態も把握すると良いですよ。

私も、午後問題のCASLUが苦手でした。午前の計算は今も苦手です。
それでも7割以上取れば合格できるんだ!と前向きに捉えて
苦手分野を頑張るのはモチロンですが、
その分、得意分野を伸ばすことにも努力しました。

10割正解しなくていいんです、そう、7割以上で合格ですよ!(^v^)

ユーキャンの初級シスアド講座

【資格と教養のスクール、フォーサイト】初級シスアド

過去問題や苦手問題対策は通信講座が便利です。

関連記事一覧


 
Copyright © 2007 初級シスアド・情報処理技術者試験をやさしく解説. All rights reserved