情報処理技術者試験の基本用語の覚え方

初級シスアドの基本用語


コンピューター用語には、よく似たようなアルファベットの略語や、
膨大な数の専門用語が多数存在しています。

それらを覚えないことには、始まりません。

これは英単語と同じで、覚えるしかありません。
問題を解きながら、ひとつづつ…。

気の遠くなる話ですが…(^^;;

日常的にパソコン雑誌や、新聞などを読んでいれば
いくつか目に入っている言葉も多いので、
それぞれ理解しているか、確認しながら日々を過ごすことで、
最近の用語は網羅できますので、実践してくださいね。

覚えるコツとしては…

・関連する用語をまとめて、整理して覚える
 LAN・WAN・GANや、MPEG・JPEG・GIF・PNG・TIFFなど
・周辺機器などは目で見て触って覚える
・意味を知りながら覚える
 CD-RのRやWは、Read(読む)のR、WはWrite(書く)のWなど

このほかに、1日5個覚えても、10日では50個になりますよね。
コレ、1ヶ月30日としても、150語の計算です。

この方法も、辞書から単語だけを覚えてもなかなか身に付かないですし
試験問題に出ない用語も覚えるハメになって、効率が非常悪いです。
問題を解いて、出てきた用語から、そのつど頭に入れていくのが、
一番定着しやすくて覚えやすい方法です。

最初は、とにかく時間がかかるものと覚悟して、
積み重ねていきましょう。

関連記事一覧


 
Copyright © 2007 初級シスアド・情報処理技術者試験をやさしく解説. All rights reserved